住宅ローン借り換えの記事一覧

解説
2013年5月現在、アベノミクスの影響からか住宅ローン金利がじわじわと上がってきています。

 

これまではゼロ金利政策によって、住宅ローン金利も非常に低い水準に抑えられ、そのメリットを最大限に生かすために変動金利タイプの住宅ローンを多くの方が選んでいるという状況がありました。

 

また固定金利タイプでも特約期間が短く金利水準が低いものに人気が集まっていたようです。

 

今後このまま住宅ローン金利が上がっていくと、損をしないためにこれまでとは全く異なった考え方が必要になります。

 

まだ変動金利タイプは上昇はしていませんが、金利が上がってきているならそろそろ住宅ローンの借り換えを検討してみたいという方も増えているはず。

 

大きな転換期を迎えている現在、その対応を誤ると、大きな損をしてしまうということにもつながりかねません。

 

そこで当サイトでは住宅ローン借り換えをする場合に金利とともに重要なファクターとなってくる諸費用について徹底的に研究しています。

 

金利が低い住宅ローンを見つけて借り換えを行っても、実は諸費用が多くかかるとその効果は全然得られないということもあり得ます。

 

住宅ローン借り換えを行うことで損をしてしまうという事態を防ぐためにも、諸費用のチェックは欠かせないのです。

 

当サイトでは住宅ローン借り換えの諸費用について、いくらくらい必要になるのか、シミュレーションの方法などの基本的な事項から、銀行ごとの諸費用比較、借り換えでおすすめの金融機関などより具体的な内容までしっかりとご紹介していきます。

 

住宅ローン借り換えで失敗したくないという方必見です!

住宅ローン借り換えの諸費用が安い銀行ランキング!

住宅ローン借り換え諸費用記事一覧

現在、住宅ローンの返済をしている方でしたら、最初に住宅ローンを組んだ時にかかった時間や労力、そして費用も覚えていることと思います。住宅ローンを借り換えるとなると、この大変な作業をもう一度繰り返さなくてはならないということと、現在の住宅の価値評価や、現時点での審査基準など、クリアしなくてはならない項目がたくさんあります。それだけに、借り換えを検討する時は、どれだけメリットがあるのか、しっかりと理解し...
今から20年ぐらい前は、お金を銀行に預けておけば、5パーセント程度の利子がついていましたが、今では、0パーセント台の金利になっています。この状況では、銀行預金のメリットは無いに等しくなっていますが、逆に、銀行から借りたお金に対する利息も下がっているので、住宅ローンの借り換えなどではメリットが発生します。金融機関のローンは、銀行の銀行である「日本銀行」が利子の割合を決めることによって、世の中に出回る...
銀行などでよく、「借り換えローン特別金利キャンペーン」といった内容のポスターやパンフレットを見かけます。キャンペーンの内容は、金融機関によってさまざまですが、「変動金利型」のローンであることがあるので注意が必要です。特別金利が設定されているので、その利率につられて借り換えをしようと考えてしまいがちですが、この利率が適用されるのは、住宅ローンの長い返済期間のうち、一定の期間だけなのです。変動金利のリ...