住信SBIネット銀行住宅ローン借り換え費用は?

解説
<明示されている費用>
※ここに掲載した以外にも借り換え費用がかかる可能性がありますので、実際の取引の際にはよく確認してください。

 

● 団体信用生命保険料:0円(銀行負担)
● 火災保険料:契約される保険会社による。
● 抵当権設定登録免許税:借り入れ希望額の0.4%(軽減措置が適用される場合あり)
● 司法書士報酬:それぞれについて「登録免許税」および「司法書士への報酬や登記に係る実費」が必要。
抵当権設定登記 (担保設定のための登記)
所有権保存登記 (建物を新築した場合に行う登記)
所有権移転登記 (中古住宅や土地を購入した場合などに行う登記)
※借入対象となる物件による
● 印紙税
借入金額が100万円超500万円以下の場合:2,000円
借入金額が500万円超 1,000万円以下の場合:10,000円
借入金額が1,000万円超 5,000万円以下の場合:20,000円
借入金額が5,000万円超 1億円以下の場合:60,000円
● その他

 

 

<評判のまとめ>

 

◆ 金利の安さが一番の魅力です。

 

◆ 変動金利と固定金利の両方を利用してローンの借り換えをしたいと思っていたところ、この2つをあわせた「ミックスローン」というサービスがあって助かりました。
安定した固定金利は魅力ですが、今の変動金利の低金利も捨てがたいと思っていたので、目的に合った選択ができました。

 

◆ 他の銀行でも、団体信用生命保険の保険料負担をしてくれるところはありますが、これに加えて、8大疾患保証保険の料金まで、住信SBIネット銀行は負担してくれます。
万が一のことを考えると、これは非常に大きなメリットに感じます。
金利や費用負担の安さ、安心のサポートなどトータルで考えると、かなりお得です。

 

◆ ネットで借り換えローンの返済シュミレーションをして手続きできるので、楽しみながら必要な知識が身についた。

 

◆ 申込みから借入れ実行まで、インターネット上の手続きと郵送だけで完結できるので、銀行に行く時間ない自分にとっては、非常に助かった。

 

◆ 仮審査はかなり短時間ででき(2秒で終了したという例も)、そのまま本審査に進めます。
人気が高いようで、逆に、本審査の結果が出るまでに時間がかかることもあるようです。
(実績として2週間〜3カ月と、かなり幅がある)

 

◆ 借り換えローンの申し込み時の金利から、融資決定時の金利に差があると、自分の返済シミュレーションが狂ってしまうこともあるかも・・・。
金利は融資が決まってから確定するので。

 

 

◆ わたしは派遣社員という身分ですが、無事に審査に通りました。

 

◆ 返済用に開設した住信SBIネット銀行の口座は、他行への振込が月3回まで無料です。コンビニATMの利用手数料も無料なので、長期間利用することを考えれば、かなりお得だと思います。

 

矢印
申し込み

住宅ローン借り換えの諸費用が安い銀行ランキング!