ソニー銀行住宅ローン借り換え費用は安いの?

解説
<明示されている費用>

 

※ここに掲載した以外にも借り換え費用がかかる可能性がありますので、実際の取引の際にはよく確認してください。

 

● 団体信用生命保険料:0円(ソニー銀行負担)
● 火災保険料:物件や保険期間などによって異なる。
● 抵当権設定登録免許税:借り入れ希望額の0.4%(軽減措置が適用される場合あり)
● 司法書士報酬:物件や借り入れ金額、地域、登記の種類などによって異なる。
● 印紙税
借入金額500万円の場合:2,000円
借入金額500万円超 1,000万円以下の場合:10,000円
借入金額1,000万円超 5,000万円以下の場合:20,000円
借入金額5,000万円超 1億円以下の場合:60,000円
● その他

 

<評判のまとめ>

 

◆ 借り換えローンの金利の低さでは、おそらくトップクラスだと思います。その変わり、審査や条件が厳しく、特定条件を満たさなくては、大幅な金利優遇は受けられないようです。

 

 

◆ 夜にしか時間が取れない自分にとっては、申込みから借入れ実行まで、インターネット上の手続きと郵送だけで済むので、非常に便利でした。
インターネットの説明や申込書などの記載で分からない点は、メールで質問したり電話で問い合わせることができます。
なので、いちいち、銀行に足を運ぶ必要もありませんでしたし、銀行員の顔色を伺うといった、余計な気遣いが必要なかったのもよかったです。

 

◆ 借り換えローンの申込み後、審査状況の進捗やフローなどが明示されていて、かなり分かりやすかったです。

 

◆ 保証料がかからず、繰り上げ返済手数料がない点がプラスポイントです。
固定金利から変動金利、変動金利から固定金利へのスイッチングの手数料が無料で、変動金利は前月末の2週間ほど前に発表されます。
(※場合により、手数料がかかることがあります。)
したがって、変動金利で返済を続けるか、固定金利に切り替えるか、といった選択をする時間があるので、時間に余裕があれば、総返済額をさらに下げることができる場合もあります。

 

固定金利のほうが安心感はありますが、時間がある方には、変動金利と固定金利を使い分けることもおススメだと思います。

 

◆ 準備する書類や、こちらで記入する書類の量が、想像以上に多かった。

 

◆ 基本的に、インターネット上の手続きで完結するため、他の銀行のような担当者の裁量による判断や、特例ケースとしての対応などを望む余地はまったくないように感じました。

 

◆ 審査は相当に厳しいらしく、他の銀行ではOKが出る人でも、ソニー銀行では断られるというケースが多いようです。
また、独自の審査基準もあるように感じました。 

 

◆ わたしの場合だけかもしれませんが、コールセンターの担当者の対応が流れ作業的で、不親切に感じました。

 

矢印
申し込み

住宅ローン借り換えの諸費用が安い銀行ランキング!