イオン銀行住宅ローン借り換えの諸費用!

解説
<明示されている費用>

 

※ここに掲載した以外にも借り換え費用がかかる可能性がありますので、実際の取引の際にはよく確認してください。

 

● 団体信用生命保険料:0円(イオンが銀行負担)
● 火災保険料 :加入条件による(加入は必須条件です)
● 抵当権設定登録免許税:要 ※イオン銀行指定の司法書士を利用する必要があります。
● 司法書士報酬:要
● 印紙税:要
● その他

 

 

<評判のまとめ>

 

◆ 年間所得が100万円からでも申し込めて、年齢などの条件も幅広く対応してくれるとのことだったので、審査を待つ間もリラックスできた。

 

◆ 借り換えキャンペーン金利が、思いのほか低かった。

 

◆ インターネットと郵送で申し込みの手続きができますが、たまたまリアルの店舗に行く機会があって、そこで実際に相談をしてみたところ、一旦は減額された審査結果でした。
でもその後、満額のローンにできました。
条件が色々とついている場合には、柔軟な対応のできるインストアブランチで相談してみるのがお勧めです。
インターネットだけでは対応ではできない、機動性と柔軟性があります。

 

◆ 一見、インターネット銀行にも感じますが、ちゃんと対面で借り換えの相談ができ、交渉もできるようになっているのがよい。店舗や担当者、申込者の事情などによっては、自宅まで訪問して相談に乗ってくれるケースもあるらしい。

 

◆ 申し込みに必要な書類の数が、他のネット専用銀行よりかなり少ない。実店舗もあるようなので、ネット専用でない普通の銀行と同じ仕組みなのかも。

 

◆ イオンに買い物に行く度になんとなく見かけていた銀行だったが、年中無休で夜も営業している銀行窓口は、とても便利。
イオンのショッピングセンターがあいている時間が営業時間なので、買い物ついでに寄れるところもプラスポイント。

 

◆ 保証料0円で、8疾病保証ローンにもできるところが大きなメリット。

 

◆ 一部繰り上げ返済の手数料は0円です。そのため、繰上返済がしやすい。
借入開始の1年間は、低い金利で固定されているので、この間、多めに繰り上げ返済しておけば元本が減って、その後の返済が楽になります。
とても借り手側のことを考えてくれている感じの銀行です。

 

◆ ローンの審査に通過すると、「イオンセレクトクラブ」というメンバーズクラブに入会できます。
申し込み当初から5年間、イオンでの買い物が常に5%ディスカウントされるという特典があるので、(お客様感謝デーでは10%OFF)イオンで買物を頻繁にする人にとっては、かなりのお得につながります。

 

矢印
申し込み

住宅ローン借り換えの諸費用が安い銀行ランキング!